ミニマリスト・マイラーKの話。

マイラーやポイントは最大限に、普段の生活はミニマリスト?

JRを退職した僕が伝えたい、会社を辞めたい人へ。

f:id:my-mile:20180610215001j:plain

約6年間勤めたJRを退職した理由。

給料も安定的で、福利厚生も良い。
人間関係も良好。
比較的、順調に出世。

一体何が不満だったか?

成果が報酬に反映されることがないなど、
物足りなさを感じてしまったから?

仕事の大半は、
使用されるかどうかもわからない社内資料作成だから?

作成した立案も、
大勢の上司に稟議をかけても、
行ったり来たりだから?

上には弱く、下には強い中間管理職ばかりだから?

今思えば、色々なことに対して不満を感じて、
退職に結び付けていた、自分に問題があった、と感じる。

大した計画もないまま退職し、
「自分探し」と称し、
旅行をしたり、資格の勉強をかじってみたり。

どれも中途半端だった。

何となしで始めた社会人浪人生活、
ニート期間は実に4年に達した。

会社を辞めるのはいつでも可能だ。
だが、辞めた後、どう生きるかを決めていないと、
あっというまに時間だけがすぎ、
まったく張りも充実もない日々をすごしてしまう。

加えて、社会保険、住民税など
あらゆる経済的負担が襲ってくる。

社会保険は経済事情に応じて減免の措置があるが、
前年までバリバリ働いていて、
なおかつ健康等が原因ではなく、
自ら退職した人間への救済措置は皆無だった。

自分が想定していた2倍のペースで現金は減っていった。

〇今の会社の不満は退職、転職して解消されるか?
〇退職後の見通しとスケジュールはしっかりあるか?
〇退職後、何年間経済的見通しが立つか?

この辺をしっかりとクリアにした状態でないと、
会社を退職しても、今以上のストレスに襲われる。

採用も退職も経験し、
色々なことがわかってきた。

後悔していない人生=今を手に入れるのに、
退職から6年必要だった。

退職を心の底から後悔していないと言えるまでにも、
6年かかった。

人生とは、自身の出した結論を、
自身が納得できるかどうかで充実度が変化する。

今、辞めようと思っているならば、
しっかりその先を見据えた動きが必要だ。

仕事が原因で自殺をするなど、
追い詰められている人も多いのは事実と思う。
そういう人は、迷わず辞めてみるといいと思う。

ただ、当時の自分がそうであったように、
辞めることだけが解決策に感じられた、
自社の嫌な部分だけが目に付く、
そういう状況で、投げ出しても、、、

掲載当時の筆者の認識によるもので。自己責任にてご活用ください。 問い合わせ先 shinoda4891@yahoo.co.jp